自己破産をする人のほとんどは税金のことまで考えていない

自分の借りてしまったお金が、どのようにしても返済できない時には
自己破産というものを行う必要がでてきます。

 

さて、それについての基礎知識としては、
借りたお金は返さなくてもよくなるということは誰しも知っているものです。

 

しかし、それ以外の支払い義務については
どうなってしまうのかという点については、あまり知識のない方が多いでしょう。

 

特に借金によって税金の支払いを滞納していた場合であっても、
その支払いを免除してもらうことは可能なのかという点までは、
知識が及んでいないことがほとんどです。

 

 

それでは、これから自己破産を行おうと考えている方に向けて、
借金返済の免責とともに国に収めるべき税なども
免除されるのかどうかという点について、しっかりとした基礎知識を伝授します。

 

 

自己破産で返済義務が無くなるのは借金のみ

 

まず単刀直入に答えから述べますと、自己破産を行って
借金の返済は免除されるようになったとしても、
税金の滞納については全くと言っていいほど免除されることはありません

 

仮に低所得者になるのであれば、
これから生じる税率の変化などがありますので
その支払額は減っていく可能性はありますが、
こと今まで滞納していた分のものについては完全に支払う義務が残っています。

 

これについての理由としては、借金と税は別物であることが考えられるでしょう。

 

 

税は国民が必ず払わなければならないものですが、
借金は自分の判断によって返済すべきものですのでその取り扱われ方が違ってくるのです。

 

 

以上のことからも、税金の滞納をしていたとして
それを自己破産を行うことによって
支払わなくていいようにしようと考えているのであれば、それは失敗しますので注意をしておいてください。

 

それに、仮に滞納を続けているままになってしまえば、
脱税などの疑いをかけられることにもなりますので、
さらに社会的信用を落としてしまいかねません。

 

ですから、基礎知識として税についての認識は確実に持っておくようにしておきましょう。

関連ページ

借金で破産するまえにやるべきことは沢山あります!
借金が返せない場合、自己破産という選択肢がありますが、簡単に破産という方法を選んではいけません。破産する前にいくらでもやれることがあるからです。ここでは具体的な方法をお話します。
任意整理とは?債務整理を知るならココから!
債務整理の一種である任意生理について説明します。借金が返せない場合にまずは任意整理で対処できるか検討すると良いでしょう。