カードローンが返せない場合は債務整理か自力返済かの2択

カードローンが返せない

 

カードローンが返せなくなり、
首が回らないと言った状況になる人はたくさんいますが、
そんな時は債務整理、自力返済どちらを選びますか?

 

貴方次第でどちらの方法を選ぶか決めるべきなのですが、
悩んでいるのならこれを読んでから決めてもらえらばと思います。

 

 

どう考えても絶対にカードローンを返せないのであれば
債務整理をして債務総額を減らして金利無しで無理なく返済していく方法がいいと思いますがリスクは多少あります。

 

 

債務整理をするという方法は悪い方法ではりません。

 

その人の考え方次第では逆に良い方向に今後の人生を
上手く生きることができると思います。

 

債務整理でのデメリットはカードローンなどの借入が
5年〜10年の間は組めなくなってしまいますが、

 

一生ブラックリストという訳ではなく
その間に審査などを無理に通そうとしなければ、その年数の間に再びローンを組めるようになります。

 

 

カードローンなどを使えない生活を続けることで、
今までの用にカードなどで頼っていた人生から抜け出せ、
我慢を学び自分の収入だけでやりくりができるようになり、
安定した生活ができるようになります。

 

 

債務整理をしたことで人生が大きく変わり
幸せな生活を取り戻すことができたと言う人は大勢いて
私の周りにも何人か債務整理をしたという人はいますが、
皆同じようなことを言っています。

 

 

ローンなどが組めなくなるぐらいで他に生活に不便なところは無いということです。

 

 

それでもブラック扱いになりたくない、
自力で返してリセットしたいのであれば債務返済をするべきです。

 

少しでも早くカードローンを完済したいのであれば、
現在自分が返済している額を完済まで変えずに
同じ額を返し続けることと、浮いたお金は必ず貯金だと思って返済に回すことが大切です。

 

 

そうすることで無駄なことにお金を使ってしまうことも無くなり、
完済スピードもかなり上がります。

 

 

注意しなければいけないことは完済後に過払い請求ができるのですが、
過払い請求をした時点でブラック扱いになってしまい、
せっかく自力で完済したのにその後ローンが組めなくなってしまうということになってしまいます。

 

 

それに、完済してから時間が経ちすぎていると
借入れしていた金融業者が倒産している恐れもあります。

 

そうなってしまうと、過払いは確実に戻ってこないでご注意を。

 

 

お金は高額戻ってはきますが、名前に傷を付けるということを
しっかり考えて決めるようにして下さい。

 

 

借金を完済した後でも返済していた額を毎月貯金して行くことが大事で、
貯金をしてお金を貯めることを快感に変えて貯金し続ければいいのです。

 

そうすることで気持ちに余裕ができて、
いざという時も貯金をおろせばいいのですから以前のようにカードローンに頼ることもなくなるのです。

 

 

どちらを選ぶかは自分次第ですが、
いずれにしろ何も考えずにダラダラとローンを返済しては
また引き出すといった悪循環な行動だけは避けるべきです。

 

いざという時に困るの自分なのでよく考えてから決めるようにしてください。

関連ページ

車のローンが払えない時の対策と返済方法!
車を買うときは殆どの人がローンを組みますが、かなり大きな借金を背負うことになりますので、中にはローンが払えない状況に陥ってしまうケースもあります。この時の対策とローンの返済方法についてお話しします。
夫に内緒で借金!!返し続けるなら過払い金を請求せよ。
夫に内緒で借金を作ってしまった主婦のケース。この場合、しっかり返済し続ける、あるいは完済した後も必ず過払い金を請求しましょう。